プロフィール

keiei-kobuchi

 

小渕良子 (こぶちりょうこ)

個人ブランディングコンサルタント

株式会社レイコーポレーション 代表取締役

 

東京都台東区生まれ

元衆議院議員公設秘書

 

現在、経営者、議員・候補者の個人ブランディングのコンサルを展開。

特に、パブリックスピーキングの指導が得意

信念は「Truth Myself」

私が「個人ブランディング」をおすすめるのは、私自身の体験からです。
それは私にとって、人生の中で初めての挫折でした。何年もの間、私は灯の見えない、まるでトンネルの中を彷徨う事になったです。今から遡ること15年前に、現在の会社を南青山に設立した直後から始まりました。

なぜ私が大きな挫折を味わったのか・・・。
ひと言で言えば、マーケティングについての知識が全くなかったと言う事に尽きます。

a1180_013493_m
私は、衆議院議員の公設秘書として社会人のスタートを切りました。そして、代議士の出身である鳥取に移り住むことになり、初めて会社というものを設立しました。
その後、紆余曲折を経て、東京に化粧品販売会社を設立したのが、南青山の会社です。

その会社は思ように上手くいかず、日々の中で私は心も身体も疲弊していきました。
そしてある日、残酷な事実を突きつけられたのです。
定期健診で食道がんと診断されました。(やってしまった・・・)

このとき私の脳裏を過ぎったのは、自分の病気の結末ではありませんでした。
設立したばかりの会社を断念しなければならないという激しい悔しさだったのです。
私はこの無念のセミリタイヤを経験する中で、何が問題だったのか、本当に化粧品会社を作りたかったのか、私自身が本当に情熱を傾けられる、やりがいのある仕事は何なのかをずっと考え続けました。

a0950_000220_m

化粧品の紹介のために開催した多くのセミナー。
その時だけは、自分自身が驚くほどリラックスして我ながら活き活きと人とのコミュニケーションをしていた事に気づいたのです。

振 り返ってみると、私はどんな仕事の中でも常に人にフォーカスしていました。その人の魅力、個性、特性を瞬時にキャッチする能力が人一倍強いこと。それはひ とえに秘書時代の経験、選挙戦での候補者へのサポートの中で鍛え上げられたスキルとマインドであったことを再認識したのです。

私は常に講演会や演説会の主催をし、また候補者を舞台に上げために、政治家としての顔・姿へと作り上げ、その候補の政治信念を有権者に伝えるために、人を惹きつけ、説得し投票へと動かすためのスピーチのトレーニングを手がけるプロデュースを得意としていました。

有権者を支持者に変えるためにどうすれば良いのか、そされはまさに経営者が苦心するマーケティングだったのです。私もそうであったように、中小企業の経営者はすぐにマーケティングのプロモーションに手を付けがちです。

もしかしたらあなたにもそのご経験があるかも知れません。何の準備もなしに、やれwebサイトをどうするのか、キャッチコピーはどんな言葉がベストか等々。そして広告代理店に丸投げ。当時、私の顧問税理士に丸投げしたようにです。

a1180_014135_m

私はこの間に、数え切れない程のマーケティングセミナーに参加しています。コンサルティングも受けかけたこともあります。しかし、なぜか自分自身の芯の部分にフィットしなかったのです。

「USP」は何か、「強みは・・・」どれくらいこうした言葉に出合ったことか。しかし答えは見つからないままでした。

そ んな中で、ある翻訳本に出会います。その中の一言に、突然刷りガラスがクリアになったのです。「あなたの専門的な仕事は、誰のために役立つものなのか、そ の顧客はどんなペルソナか」「誰のためか、そのペルソナは・・・」マーケティングを勉強したつもりでも、なぜかフィットしなかった理由がわかったのです。

私 はその時をきっかけに、もう一度政治家のサポートをしてきたときの経験を再現し、そして経営者にも当てはめて実践していきました。そのメソッドは業界の違 いこそあれ、人間を相手にしているという根本的な原点がありました。ライバルを寄せ付けない、自分自身のポジションを確立すること、それが“戦う前に勝つ”事であると。

どんな手法もそれを打ち出すまでの入念な準備と基礎がなければ、
本当の礎にはなりません。

a1180_013833_m

よく「選択と集中」と言われます。確かに其の通りです。でも、何かに集中するにしても、何を選択し、何を捨てるのか・・・。
選択はできても、集中するためには何かを捨てなければなりません。

捨てるには、勇気が要ります。人は捨てる決断をするのが怖いのです。それによって、何かを失うことが不安だから。わたしも怖かった。だから捨てれずに、その結果集中出来なかったのです。

でも、案ずるより産むが安し、とは良く言ったものです。捨てる勇気があるからこそ、何をすべきなのかがクリアになる。それに失うものなどないのです。不安が心を曇らせるだけなのですから。

「個人ブランディング」は「選択と集中」するためにも有効なメソッドであり、ビジネスを進める上でも強力な武器になります。

私 の痛い挫折を、あなたには避けて頂きたいと思っています。いま不安を感じたり、迷いの中にいるとしたら、それはチャンスかもしれません。政治もビジネスも 情熱がなければ成り立ちません。その情熱を支えるためにも、冷静で客観的な視点で準備を進めることがなによりも大切と思います。

個人ブランディングはその視点を踏まえた有効で最短距離の内容だと確信しています。

 

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る