正しいブランディング

5b

あなたは「ブランド」と聞いて、何を思い浮かべますか?

事業をしているあなたなら、高級高価な海外のファッション・ブランドではなく「自社の商品をトップブランドに育てたい」「ブランドを作って信用・信頼を得たい」とか、或いは地域ブランドなる言葉を思い浮かべる人もいるでしょう。

そんな人は、いつも「経営を安定させるにはどうすればいいのか?」「売上を伸ばすのには何をすればいいのか?」を真剣に考えて、脳に汗をかいてがんばっている人だと思います。
そして「私の所もブランディングを」と一度は考えた事があるのではないでしょうか。

そこで、ブランド作りと称して「カッコいいロゴ」に「親しみやすいネーミング」、パッケージ等見えるものに手を付けてしまう人が多くいます。
しかし、これでは上手くブランディング出来ません!

ブランド作りは、見える表面的なものだけ作っても、ブランドになり得ないのです。
ブランドとは、意味であり、価値観です。

価値観は人によって多種多様です。つまりイメージする事が人によって違います。
この事から言えるのは、万人に同じ価値を提供出来ないという事です。

資本がしっかりある事業所なら、不特定多数に向けて広く情報を発信すれば、それ相当の顧客に選んでもらえますが、資本の少ない小さな事業所になるとそうも行きません。先ほど述べた「ロゴ」「ネーミング」等を考えて、限られた不特定の人に目に触れてもらっても、顧客となる確率は低いのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

それは、正しいブランド作りを身につければいいのです。
「ロゴ」「ネーミング」を考える前にしなければならない事があります。

多くの経営者が、正しい手順を知らずにブランド作りをしてしまっています。
ブランディングは、間違いなくあなたを助ける事が出来ます。
ブランドが出来れば、こちらが追いかけなくてもお客様の方からやって来ます。

是非、正しいブランディングを身につけて下さい。
私も精いっぱい応援します。

 

 

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る