あなたは専門家だと思われていますか?


専門家と聞いて、あなたはどう思いましたか?
自分は専門家なんて呼ばれる存在じゃないなんて、思いませんでしたか?
それとも、もちろん資格も持っているし、間違いなく自分は専門家だと思っていますか?

 

今、何故こんな専門家のお話をするかと言えば、専門家になればビジネスがとても楽になるからです。
専門家になれば「○○の事なら△△さん」と思い浮かべてもらえます。
お客様が「○○の事なら△△さん」と思い浮かべたなら、あなたが「私はこっち、こっち」なんて言わなくても、お客様の方からあなたを探してやってくるようになります。

 

専門家と呼ばれるのに、特別な難しい知識やノウハウを習得する必要はありません。他の人より少しだけ知識があったり、周りの人より少しだけノウハウを多く習得していれば、専門家になれます。つまり、他の人に少しでも教えるものがあれば、専門家と思われる事が出来るのです。

 

あなたの周囲にもいませんか?
「あの人は○○のことを良く知ってて、専門家みたいだ」と思うようなご近所さんやお友達が。ビジネスにしていなくても、趣味においては相当なものしり博士の方がいらっしゃいます。この事を考えてみれば、ビジネスを行っているあなたが専門家と思われないのはおかしいという事になりますよね。

 

■専門家創出セミナー■
お客様を探し続けるより、お客様に見つけてもらいましょう。
お客様に見つけられやすくなるために、あなたを専門家に見られる秘訣をお伝えします。
⇒ セミナー詳細はコチラ

cup-1009225_640
自分は専門と呼べるものがないと考えているあなた。
もしかしたら「あれも出来ます。これも出来ます。」って言っているんじゃないですか?
これは一番避けなければならない事です。よく言われる事ですが「器用貧乏は大成しない」んですよね。何でも出来るは、何も出来ないと同じ事です。

 

資格もあるし自分は専門家と思っているあなた。
確かに資格をもっていれば何かの専門家と言ってもある意味間違いではないでしょう。しかし、その資格だけに頼っていませんか?
その資格、他にも多数の方がお持ちですよ。お客様はどうやってあなたを選べばいいんですか?
こうなったら資格を持っているだけでは専門家と言えないのではないでしょうか。

 

そうですね。ビジネスを行う場合大切なのは、特定分野に絞るという事です。あれこれ何でも出来る人は、何か一つに絞って下さい。資格をお持ちの方も、やはり何か一つ分野を決めて下さい。そうすれば、特定分野の専門家に見られるようになります。

 

例え何でも出来るスキル、ノウハウがあったとしても、お客様に見せるのは特定分野の専門家の部分だけを見せて下さい。そうすれば、あなたは専門家としてお客様の脳裏に刻まれるはずです。絞る事を怖がらないで下さい。それがビジネス成功の鍵なのですから。

■専門家創出セミナー■
お客様を探し続けるより、お客様に見つけてもらいましょう。
お客様に見つけられやすくなるために、あなたを専門家に見られる秘訣をお伝えします。
⇒ セミナー詳細はコチラ

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る