あなたは特別な存在ですか?

あなたは顧客にとって「特別な存在」ですか?

「特別な存在」という事をスポーツ選手で例えれば分かりやすいと思います。

 

例えば、イチロー選手。
どうして「世界のイチロー」と言うブランドを野球界に築けたのか...。

数年前のインタビューで、彼がこのような事を言っていました。
「有能なスポーツ選手は、ぼほ何をやらせてもこなせる身体能力を備えている。しかし、その中でNO.1になる為には、他者よりも優れた特質を早くに見つけて、自分を最大限に突出させて、そこにエネルギーを全力投球する事が重要だと思う。」

 

彼は、高校の時はピッチャーでした。しかし、決断をして野手に転向しました。
何故、花形の投手から野手に転向したのかを話していましたが、その中でとても印象深い言葉がありました。

 

「僕の目標はメジャーリーグでした。しかし、そこで投手をやるには体格にかなりのハンディがある事を指摘されていました。では、どこのポジションならNO.1になれるのか? 僕は肩が強い。そして足が速い。これなら勝てると決断しました。」

 

メジャーに行くと言う明確な目標、その為の勇気ある決断

自分の立ち位置を明確にした、鮮やかな決断です。

stadium-790113_640

【個人ブランディング相談

⇒ 個人ブランディング無料相談 詳細はコチラ

 

「メジャーリーグで通用し、選ばれた存在としてトップに立つ為の最善の方法だからです。」

 

そう言い切る彼の真っ直ぐな自信に満ちた表情を見ながら、ちょっと心が震えたのを今でも覚えています。彼の優れた能力、特質を見抜いたコーチの洞察力と自分を信じ切れるイチローの凄さ。

 

あなたは、彼の選択と決断をご自分とは遠い世界の話としてスルーしますか?

いや、もしも今、あなたが本気で考え、本気でビジネスに於けるブランドを築きたいと思っているのなら、決して他人事ではなく、ご自分に置き換えていらっしゃると思います。

 

人は、ついあれもこれもと考えてしまいます。

しかし、それが続いているうちは、決して「特別な存在」にはなれません。
そして、ブランドが確立される事はありません。

 

改めてあなたに伺います。

あなたは顧客にとって「特別な存在」ですか?
そして、あなたは「特別な存在」として、ビジネスという闘いの場に挑んでいく覚悟がありますか?

 

【個人ブランディング相談

⇒ 個人ブランディング無料相談 詳細はコチラ

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る