想定外のお客様がいませんか?

マーケティングでは、当然のように「絞り込み」が言われます。

「個人ブランディング」においても、絞込みをトレーニングします。
自分の業務、ターゲティング、そしてペルソナ。

 

あなたも充分すぎるほど、絞り込んでいると思っているはずです。
ところがこの絞り込みって意外と緩い場合があるのです。

特に顧客の絞り込み、意外と出来ないんですね。

その緩さをあらためて突きつけられるのが、ブログであったり、HPのタイトルであったり、セミナーの呼びかけであったり・・・。

 

なぜ、絞ったつもりが思いのほか緩いのか・・・。

一言で言えば、それは「顧客が来ないのでは、 或いは失うかもしれないという潜在的な怖さや不安ではないかと私は考えています。

 

先日こんなお話を伺いました。

セミナーを開催したら、予想に反する受講者が紛れ込んできていた。

テーマは、ある書類の作成について。

その中でのある受講者のコメント。

「先生、あなたに相談しなくても、お役所に行けば無料で相談に乗ってくれるんですよね。だったら私は、自分でその書類を作成します。」

 

その日の受講者は10人。

この言葉を他の受講者はどの様に感じたでしょうか?

 

(そうか、自分で出来るのなら書き方だけを聞けばいいのね)

もしかしたら、(この先生に相談してみようかな・・・)と考えていた人がいたとしたら、この紛れ込んできた珍客の言葉に引っ張られてしまうこともありますよね。

 

主催された方の意図は、単に”書類の作成=書き方”ではなかったのです。

「書類を作成する意味、そしてある時点から効力を発するその書類の重要性、その書類を作成するに当たっての周囲への配慮等々を伝えたかったのですが・・・。」

単にお役所に行って「作成」すれば事すむというものではなく、そのプロセスの全行程の相談者としてのセミナーであったわけです。

 

ですからこのセミナーは「書き方」だけを伝えるセミナーなのではなく、本当に書類のことを真剣に考えている人に来てほしかったけれど、そうすると参加者がいないのではないか、来ないのではないか。

だから、ちょっと関心のある人でも参加してもらえれば書類のもつ意味を伝えられるのではないかと考えたそうです。

 

 

あなたに同じようなご経験はないですか?

私にはこんな繰り返しが山ほどあります。

 

その失敗談を
それこそセミナー出来るくらい経験しています(苦笑)

 

本当に参加して欲しいペルソナがどの様な価値観を持った人なのか、そのセミナーが自分のためにあると実感してくれるペルソナは、どんな人なのかというペルソナ像を絞り込めていなかった。

 

人は絞り込む時、失う不安や怖れを抱くものです。

しかし、どうぞ勇気をもって絞り込んで下さい

 

その絞込みを通してこそ、あなたが付き合いたいと思う 理想の顧客との出会いがあるのですから。

 

【価格競争に巻き込まれたくない方へ
⇒ 個人ブランディング基礎セミナー詳細はコチラ

 

,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加