あなたは存在感を与えていますか?

 

あらためてブランドの意味を考えてみたいと思います。

あなたはブランドと言う言葉をどの様にイメージして
いらっしゃいますか?

 

そしてその言葉をあなた自身に置き換えて考えたことが
ありますか?

 

先日あるマーケッターの方が、ブランドと言う言葉を前面に
表現していらっしゃいました。

その方は、今まではひとつのカテゴリーとして
使っていたのですが...。

 

で、私は思いました。

あ、マーケティングの世界でも、ブランディングの重要性が
注目されてきたんだなって。

 

言い換えれば、どの様なマーケティングの手法があったと
しても、これだけ飽和状態になっている今日のビジネス市場の
熾烈な競争の中で、もう手法だけでは戦えなくなっていると
言うことの表れではないでしょうか?

 

そして、大企業のように莫大なCMを駆使していけるならば
いざ知らず、小さな、ましてや個人事業主のあなたにとって、
ご自分の実力、能力をどの様にしたら見込み客に知って
もらえるのか?

 

あなたもきっとご自分の持ち物の中に、ブランドと言える
品をお持ちかもしれませんね。
では、あなたは何故それを手に入れたいと思いましたか?

デザインとか使い勝手とか、メジャーだから・・・。

でもそれだけではないはずです。

 

それを持っていることで自信を持てたり、幸せな気分に
なったり。

ブランドって、品物であれば、それからイメージできる
ものなんですね。

 

自信、希望、ステイタス、成功、高い美意識、仕事の
出来る人等々・・・。

 

いかがですか?

あなたがブランドと思えるものは、あなたにどんなイメージを
与えているのでしょうか?

 

そうなんです。

ブランドとは、顧客の頭の中にしっかりと”イメージ”を描き
出せる力をもっているものの事なんです。

 

s-aroni-738302_1280

個人ブランディングについて、興味をもたれた方へ
⇒ 個人ブランディング入門セミナー詳細はコチラ

 

では、このブランドをあなたに例えたら、あなたはあなたの
見込み客の頭の中にイメージさせる存在感を持っていますか?

 

その分野においてライバルを抜きん出て、あなたをしっかりと
イメージさせることが出来ますか?

 

ブランド力を持っているか否かで、その差は大きく結果に
現れると私は考えています。

 

多くのライバルの中から、唯一無二の存在として、
その第一人者として、見込み客に指名してもらえる力、
それこそがブラントとしての存在なのです。

 

ブランディングは、ブランドとしてのあなたの存在を
知らしめるためのメソッドであり、長期に亘る揺ぎ無い
ポジションを築く基本であると私は考えています。

 

さて、今一度あなた自身のブランドを考えてみて下さい。

 

あなたは見込み客の頭の中に、どれだけのイメージを
存在感を与えていますか?

 

【価格競争に巻き込まれたくない方へ
⇒ 個人ブランディング基礎セミナー詳細はコチラ

 

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る