自立の意味の重さ

士業の資格を取る方は、きっと勉強家で努力家のタイプなのだと思います。

しかも資格社会になっているような現代では、士業資格は社会的に見てもステータスなのだと思います。では、何故その資格を取ったのか?

 

とりあえず資格だけでも取っておこうかという方ならいざ知らず、その資格で起業して経済的自立を確立するとなると話は別です。

でも資格を取りさえすれば仕事が入ってくるという幻想をまだまだ多くの方がお持ちなのも否定できない。 資格さえあれば周囲から信用されて当然という、これもまた幻想。

 

ないんですよね、そんな現実は。 みんながこぞって資格を取っている今日、それだけライバルとの凌ぎを削らなければなりません。

 

もしもあなたが士業を生業としているとして、ではどうやってライバルから抜きん出て顧客に選ばれるのでしょうか?

 

資格バッチを着けていたからといって、それが実力の判断材料には全くならないことぐらいお分かりになると思います。

そしてその現実を突きつけられるのが、起業から3年目位の頃のようです。

「自立の意味の重さ」が現実となるのです。

 

私も経験がありますが、何とか顧客を紹介してもらおうと知人を頼ってお願いするのは辛いものです。そんなときは紹介者の顔を立てて、本来の正当なギャランティを提示出来ない。

 

その結果はすべて自分に返ってきます

自分自身の付加価値をも下げる事になるのは当たり前ですよね。

それがどんどんストレスとなって行く。

 

あなたがこんな状況になっていない事を願いながら、私は昔を思い出しています。

 

個人ブランディングについて興味をもたれた方へ
⇒ 個人ブランディング入門セミナー詳細はコチラ

 

【価格競争に巻き込まれたくない方へ
⇒ 個人ブランディング基礎セミナー詳細はコチラ

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る