何故、ゴッホは貧乏でピカソは金持ちなのか

山口揚平氏の著書「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」。

もしかしたらあなたもお読みになったかも知れません。

 

この中で、ブランディングにピタッとくる箇所を見つけましたのでご紹介します。

「ピカソの絵はなぜ高いのか?」

 

特に自分の絵を販売することに関しては天才的で、ピカソは新しい絵を描き上げると、
なじみの画商を数十人呼んで展覧会を開き、作品を描いた背景や意図を細かく説いたと言う。

 

「絵が素晴らしいのは前提だ。だが人は作品という『モノ』にお金を払うのではない。その『物語』を買うのだという事を彼は知っていた。・・・」

 

いかがですか?

ピンと来ましたか?

 

これ、紛れもなくマーケティングですね。

 

ゴッホもピカソも芸術家です。

ご存知のようにゴッホは決して幸せな画家ではありませんでした。
(本人がどうであったかは知るすべもありませんが...。)

 

今でこそゴッホと言えば「ひまわり」と形容される高名な画家ですが
生前に売れた絵は「赤い葡萄畑」一枚だけだったとか。

 

売れない絵描きがプロとして描き続けるって、ちょっと壮絶なものを感じます。

だから私も絵は趣味のままにしているのですが(苦笑)

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【個人ブランディングについて、興味をもたれた方へ】
⇒ 個人ブランディング入門セミナー詳細はコチラ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

話を戻します。

ここでお話したいのは、ピカソは自分の絵のターゲティングをしっかりと見据えており、いわば絞り込んでいたと言うことです。

 

想像するに、馴染みの画商たちも決して無差別に選んではいなかったでしょう。

彼の絵を必ず彼の希望するギャランティで売ってくれる、
信頼のおける画商達であったに違いないと。

 

そして彼らに「ストーリー」を伝えています。

ビジネスに置き換えればお分かりですね。

お願い営業はしていないという事を。

 

画家ならば、つい絵の素晴らしさを主張しがちです。

しかしピカソはそんな事はしない。

 

思うに、ゴッホだってピカソだって、自分の絵には絶大の自信を持っていたはず。

ゴッホは、わかる者が買えばいいと思っていたに相違ない。

かたやピカソは、どうしたら彼ら画商達の心を掴み、行動を起こさせることが出来るのかを戦略的に組み立てていた

 

ピカソの絵=あなたの商品・サービス
絵のストーリー=あなたの仕事の根拠

 

あなたがブログを書くとき、どんな読者の顔を浮かべながら、どんなストーリーを伝えようとしていますか?

 

ピカソはあの時代から、そのことを熟知していたに違いない。

そう思うと、唸らずにはいられません。

 

それに感動した画商達は、間違っても価格を叩くなどと言う品のない交渉事はしなかったでしょう。

ピカソは自分のブランドの価値を着実に上げて行ったことは、想像に値します。

 

さあ、あなたもご自分のブランドにどれ位の価値をつけますか?

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【仕事には自信があるのに、自分に自信がないという方へ
⇒ 個人ブランディング1day基礎セミナー詳細はコチラ

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る