マーケティングをスムーズに進めるために

マーケティングの基本である「誰に、何を、どの様に」は当然ご存じの事と思います。

でもこの基本をしっかりと押さえながらビジネスをしているつもりが、
実は穴だらけの場合があります。

どういう事か・・・。

 

ちょっとご質問です。

あなたは「誰に?」と聞かれたときに、どの様にお答えになりますか?

 

勿論「顧客」ですよね。

ではその「見込み客」はどの様な「誰」ですか?

 

「○○代の女性・・・」

えっ?それだけですか?

 

どんなお顔を持った方ですか?

例えば○○のような美人とか・・・ではなく、どのようなパーソナリティ?

 

「????・・・」質問の意味がわからないと思われたとしたら、それは問題ですよ!

 

 

多くの経営者が「誰に、何を、どの様に」という肝心なところがそれぞれ明確に言葉に出し切れない場合があります。

でも、これをクリアしないと、目指すビジネスは成り立ちません。

 

例えば「何を=商品・サービス」はブランディングで言うところの
まさしく絞込みであり「特化」の部分です。

 

これ勇気要りますよね。
でも、何でも扱っているとしたら、いつまで経っても「ジェネラリスト」としての存在であり、決してスペシャリストとして選ばれることはないでしょう。

多くのライバルと同じように、埋もれていくだけです。

 

私は、ブランディングはマーケティングをスムーズに進めるための有効な土台であると確信しています。

 

もしも「誰に」「何を」「どの様に」を不十分なままでビジネスを
進めているのではないかと少しでも感じたら...。

 

もしも、あなたが自信をもってご自分の市場価値を今よりも
高めたいと思っているとしたら...。

 

ブランディング構築に眼を向けられるのも無駄ではないでしょう。

 

【仕事には自信があるのに、自分に自信がない方へ
⇒ 個人ブランディング入門セミナー詳細はコチラ

【個人ブランディングの基礎を学びたい方へ
⇒ 個人ブランディング1day基礎セミナー詳細はコチラ

 

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る