マーケティングをスムーズに進めるために

マーケティングの基本である「誰に、何を、どの様に」はお聞きになった事があると思います。
でも、この基本をしっかりと押さえながらビジネスをしているつもりが、実は穴だらけの場合があります。

それはどういう事か・・・。
チョッとご質問です。

あなたは「誰に?」と聞かれた時に、どの様にお答えになりますか?
勿論「顧客」ではあるのですが、それはどのような人ですか?

「○○代の女性」

エッ? それだけですか?
では、どんなお顔を持った方ですか?

例えば○○のような美人とか・・・ではなく、どのようなパーソナリティを持っていますか?

「???」  質問の意味がわからないと思われたら、それは問題です!

 

多くの経営者が「誰に、何を、どの様に」という肝心なところが、それぞれ明確に言葉に出し切れない場合があります。
でも、これをクリアしないと目指すビジネスは成り立ちません。

 

例えば「何を=商品・サービス」は、市場を決定する特化の部分であり、まさに絞込みを行なうべき部分です。

 

これ、勇気要りますよね。
でも、絞り込みを行なわないと、いつまで経っても「何でも屋」としての存在になり、決して専門家として選ばれることはないでしょう。
多くのライバルと同じように、埋もれて行くだけです。

 

私は、ブランディングへの取組みは、マーケティングをスムーズに進めるための有効な手段であると確信しています。

 

もしも「誰に」「何を」「どの様に」を不十分なままでビジネスを進めているのではないかと、少しでも感じたら...。
もしも、あなたが自信をもってご自分の市場価値を今よりも高めたいと思っているとしたら...。

ブランド構築に眼を向けられるのも無駄ではありません。
ブランディングは、マーケティングと密接な関係にあるのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加