歯を食いしばって

 

あなたにとってブランディングの目的は何ですか?

なぜブランディングを必要だと思ったのですか?

或いは関心をお持ちになったのですか?

 

私はブランディングは「自身の市場価値をあげるための手段」と考えています。

知名度をアップして、その存在を知らしめることにあるのは勿論です。

 

しかしどんなに有名になっても、その知名度が市場価値=ギャランティに反映しなければ何の意味もありません。

例えば、あなたがある講演の講師を依頼されたとします。

もしもボランティアだったとしたら、あなたはどうされますか?

 

最近こんなお話を伺いました。

彼女は有能な士業の方です。

ある行政の担当者からから、HP(ブログも含めて)を見ての講師依頼があったそうです。

その担当者のコメント読んで、結局丁重にお断りをしました。

「いま無料の講師を探しているのですが、お願いできますでしょうか?」

でも、ちょっと悩んでいたようで「断ってよかったのでしょうか・・・」と。

 

私は「その対応は正しかったと思いますよ」とお伝えいたしました。

人によっては、売名行為として引き受けるかもしれません。

でも、結果は”無料で講師を受けてくれる方”として有名になることでしょう(苦笑)

 

これって本当の知名度と言えるのでしょうか?

あなたはこんな場合、どのような選択をされますか?

私は、自分の市場価値を下げる行為は決して選択してはならないと肝に銘じています。

 

何故なら、正当なギャランティを頂いている本来の顧客(ファン)に対して、
失礼な行為であり、他の何ものでもないと思うからです。

 

もしもあなたがご自身の「スペシャリストとしての価値」を今よりも
高いものにして行こうとお思いならば、何でも受けてしまう罠に嵌らないことです。

 

もう10年も前の事ですが、あるカリスママーケッターがこんなことを言っていました。

「歯を食いしばって、仕事を選択する勇気を持て」と。

いまその意味の重さが心に沁みます。

 

勿論、ビジネスの中で時には選んでいられない状況も遭遇します。

が、仮に選ばざるを得なかったときでも、歯を食いしばっている一方の自分を
自覚すべきではないでしょうか?

 

ブランディングとは、決して安売りをすることなくあなたの市場価値を
どれだけ高くするか、そのための手段であると言うことを
私は胸に刻んで頂きたいと心からそう願っています。

 

【仕事には自信があるのに自分に自信のない方へ
⇒ 個人ブランディング入門セミナー詳細はコチラ

 

【個人ブランディングを1日で学びたい方へ
⇒ 個人ブランディング1day基礎セミナー詳細はコチラ

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る