市場として成り立たない

 

個人ブランディングの受講者の中に、ともするとご自身の特化した商品がマーケット(市場)として成り立つかどうか、もっと言えばどこの市場をターゲットにしているのかを考えないままに、プロモーションしてしようとしている、あるいは進めてしまっている場合が見うけられます。

 

当然ライバルは誰なのかを含めてリサーチすることもなしに。
かつて私がそのまんまでしたから…。(苦笑)

あなたはいかがですか?
どの市場で、そして誰がライバルかを即答できますか?

 

折角スペシャリストとして業務を特化しても、それを求める市場がなければ空回りするばかりの結果になってしまっても当然です。

仮にあったとしても、数値として経営が成り立たないと判断したなら、あらためて「業務の特化」そのものを検討すべきです。

 

そして、市場として成り立つ根拠を確認の上で、その市場のどこにポジションを置くのかという事ですね。

ですからターゲティング行わないまま「顧客の心の中にあなたのポジションを」と言っても、全くの思い込みに終始する結果になる事は充分に予想できますよね。

 

私もそうでしたが、人はどうしても主観的になりがちです。
でも主体的と主観的は違います。

ビジネスには、あなたご自身の主体的な思いや情熱がなくては、
顧客への信頼を勝ち取ることは出来ません。
が、しかし一方でどれだけ客観的に俯瞰的にその事業を見れるかどうか…これは重要なこと。

ビジネスは趣味やボランティアではありません。
きちんと収益を上げなければ、顧客に対しても質の良いサービス・商品を提供することは出来ないと私は考えています。

 

もしいま、あなたが集客で悩んでいたり、思うように売り上げが上がらない状況にあるとしたら、今一度あなたのターゲットを客観的に見直してみることも必要なのではないでしょうか?

 

個人ブランディングについて、興味をもたれた方へ
⇒ 個人ブランディング入門セミナー詳細はコチラ

 

【個人ブランディングを1日で学びたい方へ
⇒ 個人ブランディング1day基礎セミナー詳細はコチラ

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る