無残な結果...。

もしも今、あなたが「とにかくどんな顧客でもいいから来てほしい」とお考えでしたら
この「ブランディング」というメソッドは必要ないと思います。

何故ならブランディングにおける「顧客」とは、長期に亘り安定した収益を
上げ続けるための「理想の顧客」を獲得する為のものだからです。

それを選択し決定するのも、経営者ひとりひとりの考え方が基本になります。

 

私は、あなたがストレスなく、あなたを本当に必要としている顧客と出会うために、
そして、その顧客の心の中にスペシャリストとしてのあなたを
真っ先に思い浮かべてもらう存在になるために
「個人ブランディング」をお伝えしています。

 

確かに今すぐにでも売り上げを欲しいと思っているときに、
ブランディングなんかしている時ではないと思うのは当然ですね。
以前の私のように・・・。

そして戦略なしのプロモーションの連発。チラシ、新聞掲載、雑誌広告・・・。

で、結果は・・・、どれも不発・・・。

 

良い結果が出るわけないですよね。
売りたい商品・サービスと、売ろうとする相手がミスマッチなのですから。

たまたまサーヒース価格で提供して購入して頂いても、リピーターにはなりません。

 

そう、ターゲティングの明確化なしには、どの様なものを提供しても
多くの場合、結果は無残に終わるのです。

こんなに素晴らしい、どこにも負けない商品・サービスなのに・・・。

顧客のレベルが低いからだ!と、果ては顧客のせいにする。

 

違うんですね。対象者が間違っているだけ。
これがシンプルな答えなのです。

 

ならば、ちょっと脳を駆使して腰をすえて、
本当に売りたいあなたを、そしてあなたの商品を選んでくれる顧客、
そのターゲットを見極めることが最短距離で結果を出すことに
繋がると私は断言いたします。

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る