ブランディングの誤解

“ブランディング”というその言葉の持つ意味、目的を
どれだけの経営者が理解できているのだろうと、時々考えることがあります。

そもそも”ブランド”という言葉そのものに対しても、
人それぞれの捉え方が、まちまちである事をセミナーの時にあらためて思います。

 

ブランドの起源
ブランドはもともと自分の家畜などに焼印をつけて、他の家畜と区別するために
できたものと言われています。これを起源とするならば、
ブランドとは「他と区別するためのもの」とも言えます。

 

ブランドの定義
ブランドとは「顧客が持っている共通のイメージ」いわば「実態のない価値」。
例えば、ロレックス=成功者(お金持ち)のシンボル、
BMW=センスの良さ、洗練された、ポジティヴな・・・。
と言うように、そのものからイメージさせるところのアイデンティティですね。
そしてブランディングとは、マーケティングにおいて、顧客に共通のイメージを
持たせたり、実態のない価値をあたえるための方法(メソッド)なのです。
その目的は、他者との差別化を図り、唯一あなたのポジションを確立するための
もの
なのです。

 

私が、セミナーの受講者である経営者の方達に常に申し上げること。

それは「あなたがブランドになるための、明確なコンセプトを打ち出して下さい

 

時々、ブランディング=一般的に捉えられているイメージコンサルと、
短絡的に解釈される方がいらっしゃいます。勿論、それは不可欠なのですが、
正確には外見のイメージづくりはブランディングの一要素であるという事です。

 

そして最近よく言われる「イメージ戦略」とは、まさにブランディングを
構築することであり、それによって長期的な利益を獲得していくための
メソッドであるという事をご理解頂きたいのです。

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る