信頼を築くための外見

以前にセルフイメージに関して、少し誤解を招く事があるとお話しました。

どんな誤解かというと・・・。

 

あなたもイメージコンサルティングをお受けになった事があるかも知れませんね。

もしもそのご経験があるとしたら、それはどのような期待から、
或いは目的からでしたでしょうか?

そのセルフイメージは、単にあなたが「私はこうありたい、こう見られたい」
という発想からですか?

 

誰でも自分に対して理想のイメージを持っていますし、
それになるための努力は、とても大切にしたいものです。

 

でも、それがビジネスの上での「セルフイメージ」であるとしたならば、
そのイメージ作りは客観的に戦略的に創り上げていかなければなりません。

しかも、誰を対象としての「イメージ戦略」なのか
しっかりと押さえての戦略でなければなりません。

 

少し余談ですが、メラビアンの法則と言うのをお聞きになった事があると思います。
一般的には、初対面のときに人は何をもって好印象を持つのか
と言う研究についてとして紹介されています。

視覚55%、聴覚38%、話の内容7%と言う順を付けたものですね。

 

ここで少し補足をしておきます。
このメラビアン教授の研究の真の目的は、
人が初対面のときに相手に持つ「信頼」の度合いの順序を示したものなのです。

単に好感度、好印象と言ったものではありません。

 

「信頼」を感じるときに、視覚、聴覚、話の内容、というもの。

ビジネスに関しては勿論の事、長くお付き合いを出来るであろうと
感じる場合、何と言っても「信頼」が土台になります。

 

ましてや、金銭の伴うビジネスなら、
「信頼」が絶対である事は言うまでもありません。

イメージブランディングの際の外見について、似合う色、似合うファッション、
小物、ヘアスタイル等々、これってすごく大事です。

今では、一般の方も気軽にセルフイメージ作りをされる時代です。

 

ただ、あなたがビジネスの上での「自分のペルソナ」として
イメージブランディングを行うのならば決して自己満足のものであってはならない
という事を肝に銘じてください。

 

そして、それはあくまでもあなたの能力、実力を”理想とする顧客”に
正しく伝えていくための手段、プロモーションの一環であることをお忘れなく。

あなたの中身を正確に相手に伝え「信頼を築くため」の外見であるのです。

 

日本には「馬子にも衣装」と言う言葉があります。
馬子でもそれなりの衣装を着せれば格好のつくものといったような意味です。

でも、スペシャリストとしてのあなたには、この言葉は通用しません。
勿論、外見は確かに重要です。

 

どんなに中身が良くても、まずはその外見で評価されてしまうのなら、
絶対に外せません。瞬時に相手にインプットされてしまうのですから。

しかも初対面の相手に与える印象は、その後もずっと続くと言われています。
ですから、特に初対面のときは、気合を入れて決めて下さい。

 

しかしここで肝心なのは、あなたの中身が土台になると言うことです。
それがなければ、ただのマネキンになってしまうという事。

あなたのイメージは、”理想の顧客=あなたのサービス=あなた(自分のペルソナ)

が常に一貫していなければなりません。

 

顧客があなたに期待するもの、必要とすることは、
あなたのスペシャリストとしての能力であり、その信頼性である事を
セルフイメージを創る上での基本である事を、どうぞお忘れなく。

 

一度与えたイメージを覆すことは至難の業です。
だからこそ、周到な準備が必要なのですね。

そのイメージは「スペシャリストとしてのあなたのペルソナ」になるのですから。

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る