個人ブランディングの第一歩

 

女性経営者のある方が、こんな風に仰いました。
「特化って、自分の強みですよね。」と、沢山の強みなるものを挙げられたのです。で、私は伺いました。
「その中で、特にひとつだけを選ぶとしたら、何ですか?」

 

「・・・」しばらく考えてから、その方は応えました。
「すべて私の得意とするものです。それぞれの分野で活用できる強みです。ひとつと言う選択は難しいし、むしろそんな事をしたら、お客様をなくしてしまいます」

 

そうなんです。、多くの経営者は、出来ることを沢山見せています。それが幅広く顧客を集客できる、と信じているから。経営者にとって、何よりもの恐怖は顧客を失うこと。

 

それ、私にも痛いほど分かります。
実は私も、長い間、沢山の研修を重ね、沢山の資格や技能を身に付けました。それは時間とお金と多大な労力をかけて磨いた、捨てられない資産です。

 

だから、それらのすべての専門家になろうとしていました。すべてのエンターテイメントになろうと。

しかし、それはジェネラリストの何者でもなかったのです。

 

「あなたは何屋さん?」といわれても仕方のない見せ方をしていたのです。そして何年も「一体自分は何者?」と自分自身に対して自問自答する日々が続きました。

 

あなたが、かつての私のように何でも出来る人だったとしたら、それは本当にあなたが付き合いたいと思っている顧客から見たら、多くのライバルの中の点としての存在でしかないかも知れません。

 

あなたの専門分野は何なのか、もう一度考えてみることは、あなた自身のこれからのビジネスにとって、決して無駄ではないと、そう思います。

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る