見せる必要のないあなた

ひとつあなたにご質問です。

 

顧客のペルソナと同時に、あなたご自身のペルソナは出来ていますか?
出来ているとしたら、「そのペルソナ」は、コンセプトと一致したものになっていますか?言い換えれば「セルフイメージ」をどのように「ブランド」として顧客に見せていますか?

 

よく勘違いするのは、趣味とか好きなものとか、いま嵌っているものとか、それらを自分のセルフイメージの一環として発信している事があります。

勿論それもあなた自身ではありますが...。

 

「ブランディング」における「自分ペルソナ」とは、決してこう言う事ではありません。あくまでも、コンセプトとしてのペルソナ。

 

言い換えれば、あなたの理想とする顧客=ペルソナがあなたに何を望み、何を期待しているのか、それに応えうる「あなたペルソナ」でなければならないのです。

そして「見せるべきあなたのペルソナ」は、あなたのビジネスにおける「コンセプト」と一致したものでなければなりません。

 

もっと言えば「顧客に見せる必要のないあなたも存在する」と言うことをしっかりと頭に叩き込んでおいて下さい。見せないという事は、嘘をつくことではありません。

 

顧客にとって必要なのは、スペシャリストとしてのあなたであり、優れた価値を提案する有能なあなたの存在です。

 

勿論、その信頼に値する誠実な人柄が前提であることは言うまでもありません。

すべては「信頼」の土台の上に成り立っているのですから。
そして、その信頼もすべてあなたの「コンセプト」を根拠に築かれることをくれぐれもお忘れにならないように。

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る