顧客にとってのNo.1

ビジネスにおけるポジショニングとは、ターゲット顧客の心の中に独自の位置(ポジション)を占めること。そして自社と他社との差別化を行うものです。あなたがマーケティングを学んだご経験があれば、当然ご存知の言葉だと思います。

 

でも、こんな勘違いをすることもあるんです。私もそのひとりだったのですが...。(苦笑)

市場のどこかに自分の位置を作ること…そう思い込んでいた時期がありました。

 

しかし私は、まったくイメージが出来なかったのです。
何故なら「顧客にとってNo.1」という、ポジショニングを行うときに絶対にはずしてはならない事を理解できていなかったから。

 

いかがですか?もしかしたら、今このブログを読んで頂いているあなたも、かつての私と同じようにご自分のポジショニングをどうしたら良いのか「???」で、とても不快なモードの中いらっしゃるかもしれません。

 

これは、ペルソナを描くときの感覚と似ています。まったく白紙の状態の中で、イメージをさせるのは無理なんです。人間の脳と言うのは、自分の中にない情報は描けないそうです。たとえ描けたような場合でも、それはどこかで見たり聞いたりしたことが、バックボーンになっていると。

 

私は、ペルソナを描くとき「現在あなたの顧客の中で、ずっとお付き合いしたい方は誰ですか?」という質問します。これなんです。その人をイメージしながら、ペルソナをつくる。
ポジショニングを考えるときの質問は「あなたのライバルは誰ですか?」です。つまり、ライバルをイメージしながら、ポジショニングを考える。ポジショニングが出来たならば「必要性が起きたとき、真っ先にあなたを思い浮かべてもらえる」ようになるのです。

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る