お客様の絞り込みが緩過ぎませんか?

どんな商品・サービスでも、市場を無視してはビジネスとして成り立たない事は、お話しました。

 

たとえ他社に負けないと豪語しても、どんなに自信があっても、対象顧客のいないマーケットで頑張っている限り空回りするだけです。また、明確な顧客のイメージが出来なければ、見当違いなプロモーションやアプローチをしてしまいます。

 

その結果、成果が出ないどころか、多大なコストをかけ、果ては損失に繋がり、あなた自身が疲弊して行くでしょう。かつての私が、その苦い経験をしています。(苦笑)

 

しかし現実的には、この見当違いを多くの経営者がしてしまっている。

 

よくよく考えて下さい。
あなたのサービスを心から待っている潜在顧客(見込み客)は、どのような側面を持ってますか?

 

この問いに答えられなければ、あなたはもう一度、ターゲットを決め直す必要があるかもしれません。対象顧客の絞り込みが、ゆる過ぎるという事です。

 

よく対象顧客を考えてみて下さいと言うと、全く白紙から誰かを描き出そうとする方がいます。これは、ちょっと大変です。既に事業をしているあなたなら、既存客の中に、あなたが気持ちよくお付き合いが出来、今後も役立ちたいと思うお客様が、少なくとも一人くらいはいるはずです。
いかがですか?思い浮かびましたか?そのお客様の事をよく思い出してみて下さい。そのお客様の具体的側面が、ターゲットの要素となります。

 

もしも一人も思い浮かばないとしたら、根本から考え直さないといけませんね。いないという事は、無理してそのビジネスを行っている事に他ならないからです。そうであればあなたのビジネスは、お先真っ暗と言っても過言ではないでしょう。

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る