ジェネラリストでいる限り...

特化とは、簡単に言うと「あなたは何のスペシャリストか」「あなたは何者ですか?」と言うことです。

 

ところであなたは、スペシャリストとジェネラリストの違いを考えたことがありますか?

 

スペシャリストとは特定の分野に深い知識や技術をもった人。一方ジェネラリストとは特定の分野ではなく、複数の分野においてある一定の以上の知識や技術をもつ人。

 

私は、あなたに個人ブランディングを進める上で「特化」は必要不可欠な要素であることをお話しました。「特定の分野での専門家」であることを示すためにです。

 

もしかしたら、一見何でも出来るジェネラリストのほうが、顧客から選ばれそうに思われる方もいるかも知れません。あなたはどうお考えになりますか?

 

はっきり言える事は、ジェネラリストでいる限り「○○だったら△△さん」と思い浮かべてもらう事は、まずないと言う事です。

 

競争の激しいビジネス界にあって、潜在顧客(見込み客)の頭の中に真っ先に思い浮かべてもらわない限り、ライバルより抜きん出ることは出来ないと肝に銘じて欲しいのです。

 

関連記事

カテゴリー

個人ブランディング
コンサルタント
小渕良子です

個人ブランディング基礎セミナー

ページ上部へ戻る